【女性が働きやすい職場多数!】経理事務求人特集
*

経理事務に活かせる資格・検定



資格があれば転職は有利!

経理事務や一般事務に関する資格があれば転職も有利に行う事ができます。

ここでは経理事務に関する資格、経理事務へ転職をする際に役立つ資格をご紹介しています。

日商簿記(2級)

経理事務に関する資格の中でも最も知名度が高い資格が日商簿記。

この資格を取得していれば財務諸表を理解して読む事ができる、企業の経営管理の基礎スキルがある、という事を証明する事ができます。

日商簿記には4級~1級までありますが、就職でアピールできるのは2級からになりますね。2級の資格を取得していれば現場で使えるスキルも多く習得する事ができ即戦力になる人材だと判断され、採用をもらえる確率も高くなるでしょう。

FASS検定

「FASS」とは「Finance Accounting Skill Standard」の略で、経済産業省が経理・財務部門の人材育成を目的に実施している検定試験です。

このFFASの検定に合格する事で月次の業績管理から決算業務の進め方、各種税金の申告方法など、経理部門での業務に必要な基礎知識があるという事を証明する事ができます。

通信講座を利用して検定を受ける事もできるので時間に余裕があるという方や経理事務としてスキルアップをしたいという方には是非、取得してほしい経理事務の検定になります。

給与計算実務能力検定(2級)

経理事務として働く際、給与計算の業務は必ずと言っていい程行われます。この給与計算は経理事務の基本的なお仕事でもあるんですね。

経理事務の基本的なスキルがあるという事を証明する際に役に立ってくれる検定が給与計算実務能力検定です。

給与計算実務能力検定は厚生労働省が認可する団体が主催している検定で、人選を行う採用担当者の間でも経理の基礎能力をはかるひとつの指標として定着している検定です。

ファイナンシャルプランナー(2級)

幅色い職種で役に立つファイナンシャルプランナーの資格。

経理事務のお仕事だけではなく、様々な場面で役に立つお金の知識を身に付けられる資格です。

ただ、日商簿記、FASS検定や給与計算実務能力検定の方が経理事務のスキルを証明する事ができるので、優先順位としては上記でご紹介してきた資格・検定を取得してからファイナンシャルプランナーの資格を取得する事をおすすめします。

パソコン(エクセル)に関する資格

経理事務の資格・検定を取得していて、スキルを身に付けていてもパソコンを使う事ができなければお仕事になりません。

現在、ほとんどの企業ではパソコンを使用して経理事務のお仕事が行われています。あまりにもパソコンに無知だと仕事を行っていく事ができません。

特にエクセルのスキルは必須になるでしょう。

現在ではパソコンに関する資格・検定、エクセルの資格・検定もあるのでこういった資格を取得してパソコンに関するスキルを習得する事も大事になってきます。